お葬式の基礎知識~種類や流れ・法要・礼儀作法・葬儀費用などの豆知識について紹介します

このサイトは、葬儀に関する基礎知識として種類や流れ・法要・礼儀作法・費用などそれぞれの豆知識をご紹介しています。
一般的なお葬式になりつつあるのが家族葬ですが、他にも一般葬などの流れについて解説し、他にも葬儀に出席するときの服装やマナーなどについても触れています。
何度も参列した経験がある人ならある程度理解はできているけれど、社会人になったばかりの人などの場合は礼儀作法を知らないケースもあるのではないでしょうか。

お葬式の基礎知識~種類や流れ・法要・礼儀作法・葬儀費用などの豆知識について紹介します

お葬式に出席することになったとき、それが初めての経験となると緊張するでしょうし色々な不安および疑問が生じるケースは多いといえましょう。
お葬式の流れはお通夜・葬儀式・告別式、そして火葬場での火葬式などになりますが、最近はお通夜を行わない一日葬やごく親しい人だけで執り行う家族葬などの種類があります。
それぞれ、礼儀作法をしっておかないと恥をかいてしまうこともあるので、法要やお葬式に出席する前にはしっかり作法やマナーを身に付けるようにしましょう。

家族葬や一日葬などお葬式の種類について

お葬式の種類には、大きく分けて一般葬式や家族葬、一日葬や直葬など4つが挙げられます。
参列する人数や規模、日数によってその種類や名称が異なります。
家族や身内だけではなく、会社関係者友人、ご近所の方など故人と生前に関係のあった方に参列していただく大規模の形式は一般葬で、家族や親せき、故人と仲が親しかった方が中心となって執り行われる形式は家族葬です。
通常の葬儀で行われるお通夜を省いて、葬儀と告別式と火葬を1日で執り行う形式のものを一日葬で、喪主や遺族の負担が軽くなる点でメリットです。
また、お通夜も葬儀、告別式を一切行わずに直接火葬場で簡単な形で執り行われる形式のものを直葬と言います。
どのようなお葬式の形態においても、故人の生前の希望や遺族の方の意思で行った葬儀であれば、満足のいく内容であったと考える方が多いです。
各葬儀の形式の特徴や実態を把握して、ご本人たちの最も望ましい形態で検討されることをおすすめします。

一般葬などの種類別お葬式の平均費用

お葬式の費用は、一般葬や家族葬、一日葬や直葬火葬式などの種類によって変わってきます。
一般葬式、家族や親族だけではなく、友人や知人、職場関係の方に参列してもらう葬儀の形式であり比較的規模の大きい式で高くなる傾向があり、平均して150万円前後です。
家族葬は、家族や親せき、親しい友人など限られた人数の方が参列する小規模な形式であり、会葬者が少なく式場も小さいので、全体的に金額は抑えられますが平均して100万円前後です。
一日葬は、お通夜を行わずに1日で告別式と火葬を行う形式のもので、葬儀にかかる日数が1日なので、遺族や親戚の方にとって負担が少なくなります。
お通夜を行わない分費用が抑えられて、金額は80万円前後です。
直葬は、お通夜も告別式を執り行わずに、火葬のみを行う身内だけで済ませる形式です。
直葬の場合でも葬儀社に依頼して手続きを行う必要があり、金額は平均して50万円程度です。
お葬式は、形式によってかなりの差がありますが、故人の遺志を尊重しながら最後のお別れを自分たちの満足にいく形で行うことをおすすめします。

一番執り行われる人気のお葬式とは

もっとも執り行われるお葬式は一般葬と呼ばれるものでしょう。
一般的にお葬式の名称でイメージするもので、古くからよく利用される形式です。
昔からのしきたりに則って葬儀が行われるため、幅広い年齢層の人に受け入れられやすい傾向にあります。
また、弔問客の人数やお葬式の希望に合わせて斎場を選択できるのもこの種類の特徴です。
参列者が多い場合には、大人数が収容できる公営斎場や民営斎場を行うのが一般的です。
その他にも寺院で行う場合などもあり、宗派によってお葬式が行われる場所や手順などを選択可能となっています。
一般葬はある程度の弔問客の参加が見込める場合にも向いた方式となっており、余裕をもって斎場などを選んでおくと後々になって焦らずに済みます。
なお、費用は祭壇の種類や会場の大きさ、食事などによっても大きく変わります。
斎場が大きくなるほど費用がかかるため、参列者の人数が少ないと予想される場合には家族葬などに切り替えても良いでしょう。

弔問客が一番多いお葬式の種類とは

人はどんなにお金持ちでも、偉業をなした秀才であっても必ず死を迎える時が来ます。
こればかりは貧富の差に関係なく誰にも訪れるあらがうことのできない事象であり、神様が与えた唯一平等な事柄と言えるでしょう。
人が亡くなったら遺族は早急にお葬式の段取りを始めなければいけません。
葬儀の種類には現代では様々なものがあり、葬儀によって弔問客などの数も異なってきまう。
最も参列者が多いのは、一般葬や会社の社葬といったものとなるでしょう。
大企業の社葬であると政財界をはじめ各企業のトップや関連会社の人、社員など数百人規模のお葬式になります。
一般葬あっても弔問客が多く、百人単位の参列者にあることもあるんです。
だが一般家庭で大規模な一般葬を行ってしまうと、返礼品などや食事の準備なども大変になり費用もかなり掛かることになります。
そこで最近ではごく限られた身内だけで執り行う家族葬や、火葬場で簡単な読経とお別れをする直葬などが人気です。

著者:垣内敏治

筆者プロフィール

愛知県岡崎市生まれ。
祖母が亡くなった際に家族葬を行いました。
この経験をもとに家族葬に関するお役立ち情報を書いています。
岡崎市でお葬式を